«

»

4月 23

長生きするために知っておこう!人間ドックの基礎知識

健康診断と人間ドックの違いとは?

人間ドックという言葉はよく耳にしますが、実際のところ健康診断と何が違うのでしょうか?検査項目が多いことが違いますし、時には一泊して体の隅々までしっかりとチェックをしてもらえます。普通の健康診断では見逃してしまうような病気まで見つけることができる点が違います。時間を書けて隅々までやる総合的な健康診断だと考えれば、ほとんど間違いはないでしょう。脳の内部に異常がないかまで調べることができます。重篤な病気が早期発見できる可能性が高いのでやる価値はありますよね。

人間ドックは法的な義務がないもの

各種健康診断は、国民の義務になっている場合もあります。法律できちんと受けることが義務付けられている健康診断もいくつか存在しています。ですが、人間ドックは完全にその人の希望で受けるものになります。義務ではないですし、もちろん受けたくなければ受けなくても大丈夫です。お金がかかりますから、受けないという選択肢を選ぶ人も多いです。ただ、通常の健康診断よりも病気の発見率が高いことは間違いがありません。長生きしたいのであれば、ぜひとも受けておくべきものだといえます。

人間ドックにも様々なものが存在している

一口に人間ドックと言っても、色々な種類があります。脳ドックというのは、脳に異常がないかを入念にチェックするものです。高齢化社会においては脳梗塞やくも膜下出血が非常に多くなってくることが予想されるので、こうしたチェックは受けておくべきでしょう。それだけで、寿命がかなり伸びる可能性が高いです。他にも心臓ドックなどがあります。通常の検査では見つけられない深い部分まできちんと調べられるので、これで異常がなければ安心していいでしょう。

人間ドックの評判を聞いてみると高価だけれども受診後は受けてよかったと思う人が多いようです。結果はどうあれ自分の現在の体の状態を知ると安心できるようです。