«

»

4月 25

生理痛がひどい!不安な時は婦人科に行ってみましょう

女性にとっての生理とは

多くの女性には月経があって、これは子供を産むためには必要なものですが、ひどい生理痛に悩まされている人も多いでしょう。問題は個人差があることで、同性であっても本当の苦しみが理解されない、分かってもらえないケースはよくあります。そして生理痛というのはもしかすると他の病気に原因がある場合もあって、放置しておくと危険なこともあります。そういった時にどうすればいいのか、まずは婦人科で診療してもらうことが大切です。

不安があったら婦人科に行こう

若い女性にとって婦人科というのは何となく恥ずかしいといった印象があって、生理痛くらいではなかなか行けない、診察してもらえないことが多いです。しかし常に激痛になる、生理痛によって日常生活に弊害が出る場合は診察してもらうことが必要です。もしかしたら他に病気があってそれが痛みの原因かもしれなく、自分の体であっても専門的なものは素人には分からないものなので、専門医に診てもらうことがよく、まずは行ってみることをすすめます。

安心することが何よりも大切

そして何よりも婦人科で診察してもらうと安心感があって、特に病気の可能性がなく、体質的なものであっても、安心感から生理痛が落ち着くこともあります。病気は心理面と大きく関わっていて、特に女性のホルモン系の病気はメンタル面と大きく関わっているので、専門医に診てもらうことによって心理的に安心すると生理痛が軽減する場合もあります。そのまま放置しておくと不安が増してくるので、安心感を得るためにも診てもらうといいでしょう。

健康的な日常生活を過ごすのであれば巣鴨の婦人科を選びましょう。クリニックは巣鴨駅から徒歩1分なので近いです。