«

»

6月 26

占い師の仕事について触れてみよう

占い師の仕事の内容とは

ドラマで事件の解決策をアドバイスしてくれたり、道端で悩んでいる主人公に解決へと導くアドバイスをしてくれるのをよく見る職業といえば、占い師です。出しているお店の場所も道端や商店街やショッピングモールの中に占いの館が入っているなど様々です。ドラマ以外にも相談に来る人々の悩みを解決したり、興味本位で来た人たちの未来を言い当てたりするなど謎が多い職業でもありますがその仕事とは一体どういったものなのでしょうか。

占う環境や相談者の違い

占い師の仕事環境は様々です。お店で直接会って話す「対面」、電話をかけて悩みを聞いてもらう「電話」、メールで内容を聞いてもらう「メール」、そして近年普及してきた気軽に出来る「ネット」、主にこの四種類に分けられます。この四種類では相談に来る人たちの準備の仕方も実は違います。対面の場合は、相談者は相談する内容も事細かく話してくれますが電話は、少し大雑把になっています。メールでは、この両者がおり、ネットでは気軽な相談といった形のほうが多くなっています。

占い師が相談してくる人に出来る事

占い師は人と人とのかかわりを大切にしなければ成り立たないお仕事です。仕事の環境によって来る準備の仕方は違えども相談をしてくれる人たちは真剣に悩んでいます。その相談者に親身になってあげることが占い師の仕事としての必須条件ではありますが、それだけではありません。相談しに来る相手は初対面の人が多いのです。初対面に自分の事を相談するのはとても勇気がいります。そんな相談者の緊張をあらゆる手を使って和らげるのも占い師の仕事です。

占い師が当たる理由とは、タロットや姓名判断や手相などの古来からの占いの技術を利用しているからです。こういった占いは統計にも基づいています。